小藪千豊「いい年こいた美魔女をチヤホヤする国に未来ない」の言葉の意味に感動した話

写真出典matome.naver.jp

美魔女が「普通の主婦です」と言うから本当の普通の主婦が焦るのです!心に刺った小藪千豊さんの言葉

写真:小藪千豊さんのツイッターより

ちょっと、男としては息苦しい世の中になってきたなと……。吉本新喜劇・座長の小藪千豊が、“怒られるのを承知で”美魔女について、意見した。

ボクも嫁はんもブサイクやからあまり説得力ないかもしれないけど

ただキレイな人を持ち上げるようなテレビを見せられても、少ない給料の中でやりくりして子育てしてる若いお母さんはメイクもできんし、エステにも通えず、服買うこともなかなかできん。

なのに、自分より年いったオバハンがキレイにしてイキってるのを見たら、ストレスがたまる一方でかわいそう

 だいたい世の中のほとんどはキレイでも何でもないオバハンに育てられている。オバハンが産んだオバハンがまたオバハンを産む歴史を歩んできたんやから誰しも根っ子にはオバハンへのリスペクトが絶対あるはず

 だから、いろんなことを我慢して子どもを育て上げたオバハンを見て、男が「女はエライな」と思う

そんなオバハンを賛辞する方向に持っていかなアカンとつくづく思う。「美魔女=絶対の正義」みたいな風潮が強まりすぎて

 たとえば学生街で食堂をやっているオバハンがそれまで週6で営業して学生たちの腹を満たしていたのに、ある日突然「美」に目覚めて
「じゃ、私ちょっとエステに行くわ」とお店を休んだら、お腹を空かせた学生たちは困るやろ。

 しかもシャネルやエルメスで身を固めた人に「サバの味噌煮です」って飯を出されたらどうする? 割烹着を着たオバハンが出す方が絶対うまいのに。
あるいはすべてを子どもに捧げていたお母さんがいきなり、自分をキレイにするために家事をほったらかして、子どもを置き去りにするようになったらいかがなものか。
 
 美魔女もええけど、キレイじゃなくても素敵なオバハンはいくらでもいる。なのに、キレイなだけで褒めるのは、もうヤメにした方がええちゃうんかな。
それがひいては日本のためになるということにそろそろ気づくべき。

女の人が美だの恋だのに脳の過半数が奪われている国家というのは未来がないと思います。

http://getnews.jp/archives/857557

小藪千豊さん、いいこと言って下さいました!

たまたま見つけた小藪さんの記事。

読んだ後には、少し涙ぐみましたもん…(´^`。)ホロッ

仕事・家事・子育てに追われる日々、我に返ると白髪も増えて、ほうれい線がいつまで経っても消えない自分。

若くてかわいいママ友に嫉妬するけれど、やはり年齢には負けられない自分がイヤな毎日。

それでも生活費削ってまで、美容にかけたいとは思えません。

少しでも子どもの将来のために貯金しておきたい、というのが母親というもの…だと思っていたんです。

でも、かわいいママがいると周りのパパたちはおろか、保育園の先生、他のママまで、その可愛いママに話かけたり、気を遣ってみたり…。

すごくチヤホヤされているのです。

偏見の目で見ているだけかもしれませんが、チヤホヤされたことのない私にとっては、その光景を見るだけでもイヤでした。

自分磨きではなくて、子育てを頑張っているお母さんを賛美できる社会に

でも、小藪さんの言葉で、救われたし、勇気をもらいました。

そして、美魔女が出てくるTVや雑誌も見ないようにしよう…と。

見ると凹むだけですもん…(ノε・`。))

とはいっても、美に対する意識を持たないわけではありません。

可愛いママに嫉妬するのは、やはり自分の外見が劣っていると目に見えてわかっているから。

私の場合は、内面もそうですが、ある程度外見を整えていかないと、いつまで経っても、

かわいいママに嫉妬したまま…(涙)本当にひねくれ者です…

自分磨きはできる範囲でして、子育てを頑張ろうと思います。

私が子どもの頃、キレイで若いお母さんより、おいしいご飯を作ってくれて、自分と遊んでくれて、

自分の話をしっかり聞いてくれる…そんな「お母さん」が好きだったはず。

子どもにとっては、母親らしい母親が一番なんじゃないかな…と思います。

近所に、3人の男の子を育てているママがいますが、

いつも大声張り上げて動き回る子どもを連れて、と~てもタフなママがいます。

大変そうなのですが、ママは怒りながらニコニコ。子どもたちもママが大好きみたいで、いつも見ていて微笑ましいなあ☆と思います。

そのママ、身なりも気にしないで、子どもをいつも抱きかかえているせいか、二の腕もボ~ンと太いのですが、私はすごく大好きです。そのお母さん*^^*

最適なイメージ写真がありませんでした…^^;なんとなくイメージは伝わりますでしょうか?