好きなものを我慢したくない!食べても痩せる8:16時間ダイエットとは?

好物を好きなだけ食べて痩せる。夢のような”8:16時間ダイエット”とは?

可愛くて若いママ友に嫉妬しないため、ダイエットに励んでいる38歳主婦、2児の母です(* ̄▽ ̄*)~゚

管理人

ダイエット中だから、好きなもの食べれない。
そんな我慢をしているから、いつもダイエットって続かない…

好きなものを好きなだけ食べていい。
そんなダイエットがあればな…

そんな食べる事が大好きな人におすすめなのが8:16時間ダイエット。

時間だけ気にすれば何を食べても、飲んでもOKな夢のようなダイエット法なのです。

食事制限も要らないのでストレスも溜まりません!そんな8:16時間ダイエットをご紹介します。

「好きなものを食べたい!」を叶えるダイエット 8:16ダイエットとは?

夢のようなダイエットの名前は「8:16時間ダイエット」

8時間以内なら何を食べても、飲んでもOK。
その代わり、16時間は断食するというダイエットなのです。

たとえば、12時にご飯を食べ始めたら20時までに夜ごはんを食べる。
これならなんだか続けられそうですよね^^

なぜ、痩せるの?

一日に三食+おやつを食べていたとしたら、あまり腸を休ませることが出来ないのです。
すると食べたものを全て消化できず、脂肪が蓄積されやすい状態になってしまうのです。

8:16時間ダイエットならしっかり”食べない時間”を取ることが出来るので腸も消化運動する事ができ、ダイエットにつながるのです。

1日中ダラダラ食べ続けると、体内で食べたものを全て消化できず、脂肪が蓄積されやすいといわれています。
8時間ダイエットでは、食事をする時間を8時間におさめることによって、16時間は断食状態になります。
その断食状態になることで、燃焼するカロリー、特に脂肪に蓄えたカロリーを燃やすようになります。
つまり、脂肪がつきにくい体質へと改善されます。

8:16時間ダイエットのルールをcheck!

■最初の食事から8時間以内に食事を終わらせる

8:16時間ダイエットの内訳は
8時間は食べてOK。16時間は食べてはいけない時間です。

朝ごはんの時間で夜ごはんを食べ終わるべき時間が決まるということですね。
だいたい同じ時間帯の方がいいですが、変えてもOK。

例えば、夜に友人とご飯を食べに行く予定があるのなら
始めの食事の時間を遅く設定すればいいのです。

 ■時間内なら何を食べても、飲んでもOK

ダイエット中なのに、食べたいものを我慢しなくていいのです。
それってとても魅力的ですよね!

お肉だって、揚げ物だって、炭水化物だって、お酒だってOK♡
8時間中なら食べたいものを食べられます。

なのでダイエット中のストレスが溜まったり、食事のバランスを崩す心配はないのです。

でも、注意する事もあります。

食べていいからといって”無理して食べる”ことはNGなのです。
8時間内だからと、お菓子をたくさん食べたり、食べ続けたりしていては痩せるはずがありません。

このダイエットは”我慢をしなくてもいい”ダイエット法なのです。
だから、「今日は焼き肉食べたい」「食事では白米は絶対食べたい」というのは◎

バランスよく食べるのが一番です。
8時間以内だからといって、食べ放題などで暴飲暴食したり、脂っこいものや炭水化物ばかり食べる、糖質の高いアルコールを大量に飲んでいては、痩せるどころか太ってしまいます
極端な食事制限は必要ありませんので、栄養バランスとカロリーを少し意識した食事を摂りましょう。

■8種類の”栄養素たっぷりの食材”をどれか2つ食べる

以下の食材を取り入れてメニューを考えましょう。
難しいようですが、意外を食べている食材も多いのでは?

ヨーグルトや牛乳などの乳製品や果物ならコンビニでも売ってるので取り入れやすい!
野菜なども外食の時は、食べたいもの+サラダを注文すればOK。

以下のものから1日2種類を食事に取り入れる。

  1. 卵と脂身の少ない肉
  2. 乳製品(ヨーグルト など)
  3. ナッツ(ピーナッツ・くるみ など
  4. 豆類
  5. ベリー(いちご・ブルーベリー など)
  6. 色の明るい果物(りんご・オレンジ など)
  7. 穀物(玄米・全粒粉パン など)
  8. 緑の葉野菜

■食事を抜いている時も水分は取りましょう

食事を食べない時間も水分補給はしっかりしましょう。
水分をしっかり取ることで代謝が良くなり、便秘解消にも効果的です。

なるべく、水やお茶などノンカロリーのものを選んで。
コーヒーなどもOKですが、寝る前は気をつけましょう。

水分ですがなるべく意識して積極的に水分補給をしてください。水分をちゃんと摂ると代謝がよくなり、排せつもスムーズになります。
特に、朝食を食べない人は朝起きたら必ず水分を摂りましょう。

 

■一日8分間の運動

何を食べてもOKなダイエット法ですが、やっぱりダイエットなので運動も取り入れましょう。
でも、”8分間”でOKです。

8分間だけなら、続けられそうですよね。
無理な運動でなくても◎
今すぐできる簡単なダイエットをご紹介します。

▷簡単な筋トレ

腹筋を鍛えるエクササイズ。
もうすぐ水着の季節なので、お腹のお肉は気になりますよね。

体がきつい所で10秒キープ!
体をひねるとくびれを作るエクササイズにもなります。

回数に決まりがないので出来る範囲でやってみて。

  1. 床の上で仰向けになり、両膝を90度くらいに曲げて、両手を後頭部で組みます。
  2. 両手をクロスして、胸の前に置いてもOK。この状態から、上半身を起こしていきます。

この状態で静止して、10秒以上がんばってみましょう。

下半身を鍛えたい人はスクワットがおすすめ。

スクワットの注意点は

 

  • 腰を下げる時は背筋を伸ばして
  • 太ももと床が水平になるようにしゃがむ
  • ひざは伸ばしきらないように
  • ゆっくりスクワットをする

鏡で姿勢を見ながらやるのもおすすめです。

▷ドローイン

 

ドローインとは?

ドローインは英語で draw in と書き、「引っ込める」とか「(息を)吸う」というような意味です。

ドローインダイエット

お腹を大きくへこませ続けることにより腹部の筋肉を鍛え、ウエストの引き締める効果や、姿勢や歩き方の改善、腰痛の軽減などの効果があるといわれています。

これまでも同様のダイエット法は存在しましたが、2009年 健康運動指導士の上森美緒著 30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッドという本で、こういったダイエット法をドローインダイエットとして認知されるようになりました。

お腹をへこませるだけで、なぜ効果があるのか

ドローインは単純にお腹をへこませるだけですが、このお腹をへこませるという動作にはお腹周りの筋肉と、背中の筋肉が使われます。
腹横筋 腹斜筋 腹直筋 腸腰筋 広背筋 僧帽筋 脊柱起立筋などといった普段の生活ではなかなか使うことのない筋肉を、お腹をへこますという動作で総動員させることができます。
試しに、背筋を伸ばし、30秒間お腹をへこませ続けてみてください。
お腹周りの筋肉に効いているのがわかると思います。

ドローインダイエットの良いところ

・腹筋が鍛えられます。
・姿勢を気にするようなり、美しい姿勢が身に付きます。
・腹部の筋肉が使われるようになり、ぜんどう運動が活発化され、便秘が改善されます。
・美しい姿勢と、腹部、背中の筋力アップで腰痛の改善につながります。
・どなたでも、気軽に無料で取り組むことができます。  

   出典: joshimemo.com               

 

呼吸とお腹の筋肉を意識して行うエクササイズ。
筋肉があまりない人にもおすすめです。

お腹の筋肉を意識して、呼吸に合わせてへこませたり、膨らましたりするだけ。

出典blog-imgs-60.fc2.com

  1. 背筋を伸ばし、姿勢を正します。
  2. そのまま細く長く息を吐きながら、下腹部からゆっくりとお腹をへこませていきます。(この時に、肛門を締めるイメージでお尻に力を入れていきます)
  3. 凹ませた状態を30秒間維持します。

 

☆横になってドローインエクササイズをしてもOKです。

出典: joshimemo.com

これを1セットとし、一日に10セットを目標にドローインしましょう。