夫婦円満の秘訣と心構えとは?ありきたりなことは言わないで!

いくら好きで結婚したといえ、長年生活を共にしていれば、ケンカをすることだってあります。

うちは、子どもができてから、喧嘩が多くなりました。産後クライシスなのでしょうか?もう、イライラも止まらなくて…・結婚当初はこんなはずじゃなかったのに、もっとラブラブ関係が続くと思っていたのに (゚д゚;)

夫婦円満の秘訣ってなんだろう?と考えました。調べると、「愚痴を言わないようにしましょう」「夜の生活を充実させましょう」「いつもきれいな奥さんでいましょう」とか…

正直、やってられないよ!と思いませんか?(私だけ??σ(゚д゚;))

だって、子育てのイライラはどこにぶつければいいの?私だって外で羽を伸ばしたいのに、夫だけ外で飲んで帰って来られたらイライラしません?愚痴の一つや二つも言いたくなりますっ。

夜の生活だって、子どもを寝かしつけながら、自分も寝ちゃうし。それから起きてお相手をするのは、正直しんどいっす。いつも綺麗な奥さんなんて、無理だよ~。そりゃそうしたいけど、子どもにお金がこれからかかるのに、自分のためにお金を使えないし…。(独身の頃は美容院でパーマ、カラー、トリートメントなどおススメされるがままにしていましたが、今は1000円カット!早いし安い)

いろいろ言い訳をしましたが、ありきたりな正論はよしてよ!と勝手に思っていますΣ( ̄▽ ̄ι)

そういう表面的なことではなく、もっと根本的に信頼関係を築けたら…と思い、考えてみました。

「別れない二人になる」ように努力すること

ずっと一緒にいたい、一緒にいなければならないと願うというより、「別れない2人」になるように努力した方が関係が安定します。

貯金と一緒です。貯金を貯めるのって、「収入 - 支出 = プラス」なら「貯金」として残っていきますよね。それが、ずっと積み上がって残高が増えていく。

」というのもそれと同じではないかと思うんです。つまり

幸せ ー 不幸せ = 幸せ  であれば愛は生き続けます
幸せ ー 不幸せ = 不幸せ であれば、愛は枯れてしまいます

しかも困ったことに、とても小さなきっかけが、不幸せという気持ちを大きくさせ、突然別れを作り出してしまうこともあるので、注意が必要です。

ですから、今週も今月も、まるで家計簿をつけるかのように、二人の幸せの残高をマイナスにしないように、日々暮らしていくこと。

リアルな家計簿をつけるだけでも頭を悩ましているのに、愛の家計簿なんて!と思われるかもしれません。

でも、ちょっとした気遣いでいいんです。ドカンと貯金を殖やさなくても、毎日ちょっとずつの幸せを、不幸せと感じる量よりちょこっと多く与えてあげればいいのです。

「相手を気遣ってあげること」を常に心がけていけば自然と愛の貯金は貯まっていくのだと思って日々実行中です!

(こうやって書いている自分が実行できていないと説得力がありませんからねっσ(^~;^) これで、何年か後に離婚していたら目も当てられない^^;)

あと、「相手の一番気にしていることを絶対に言わない!」ということ。これをしちゃうと、コツコツと愛の貯金を貯めていても、ドカンとマイナスになってしまいます(@ω@;)うっ

身体的なこともそうでしょうし、性格や、仕事の内容、それと夫の家族のこと。特にお姑さんの悪口とかは(言いたくても)ぐっとこらえて(´д`;)

これは、うちの母から教わったことです。いくらケンカの最中とはいえ、相手の一番気にしていることをいったら終わり…と常に言っていました。

人は「いい思い出」を捨てられない

どんな高価なものを持っていたって、結局は「思い出」にはかなわないと思うことはありませんか?

夢でよく見るのも、昔の思い出ばかり。よくも悪くも思い出はずっと心の中に残ります。

人生というのは、いい思い出の積み重ねでその良し悪しが決まるのではないかと思うのです。

どこかで聞いた話ですが、人は死ぬ瞬間に、今までの思い出や出来事が相馬灯のように頭を駆け巡るのだそうです

ですから、残るのは思い出なんですね。つまり、誰にとっても、いい思い出は何より大切な財産です。

新婚ホヤホヤの頃はでいい思い出ばかりでも、その後の悲しい思い出が多すぎて、「昔の楽しい思い出」が涙でかすんで見えなくなってしまったら?

二人の関係は終わってしまうのです。

うちの両親を見ていたらそうでした。子ども頃よりも、大きくなってからの方がケンカが増えました。父親が他の女性のところへ行くときも、娘である私が泣いて「行かないで!」と頼んでも、振り切って出かけて行きました。

「仲の良かった時を思い出さないの?忘れたの?」ずっと思っていました。

いまだに、家族で映った写真を見ると辛いです。

私は絶対、今の家族を守る!同じような道を歩まない!と心に誓っているんです。

ですので小さくても、いつもちょっとした幸せだなと感じる思い出を作ろうと心がけています。今は、‘子どもの成長を分かち合う”ことが、思い出として積み上がっています。

毎年、一年を振り返りながら「小梅があんなことしていたけど、大きくなったな~」「去年○○に遊びに行った時は小雪が転んで大変だったよあ~」と、二人で語るときがあります。それがとっても楽しい!

渦中にいるときは、すっごく大変でイライラもしているけれど、振り返って思い出になると、どんなことでも輝いている。

そんな積み重ねなんでしょうね、人生って q(*^O^*)p v(*^o^*)v

「ありきたりなことは言わないで!」とタイトルに書きましたが、ありきたりだったらごめんなさい ┐(●´Д`●)┌ナンジャソリャ~