ホントに効く節約術!効果が目に見えて実感できるのはこの4つ!

難しいことはできないめんどくさい!毎日続けられる節約術はコレ

世の中いろいろな節約術がありますが、目新しかったり、画期的なことでも、やり方が複雑だったり、めんどくさいことは続きません。

ここに書いてあることは、ありきたりなことかもしれませんが、毎日続けられて、効果が目に見えて実感できるものを挙げてみました。

週1万円でやりくる!

週1万円でやりきると決めておくと、短いスパンなので、内容も把握しやすいですね。。
一か月で見るより金額が小さく、見通しを立てやすいのが最大のメリットです。
反省することも翌週に生かせるので、いいサイクルをつかみやすいでしょう。
1か月経ったら、振り返る時間を持つことで隠れた無駄をさらに減らすことができます。

週1万円でやりきることで…

お給料日が毎週ある気分になちゃう!

これ、ほんとに効果がありますよ。騙されたと思ってやってみてください^^

やり方は…
3つの封筒を用意しておきます。
お給料日に4週間分の4万円とその他予備費を下して入れておく「1か月やりくり袋」と、
一週間の生活費を入れる「今週袋」。もし余りがでたら「余り袋」を用意しておきましょう。

「一か月やりくり袋」から、1万円を「今週袋」に入れて使います。毎週お給料を1万円もらっている感覚です。
もし、一週間後余りが出たら、「余り袋」に入れておくことで、残し貯めする達成感も味わえます。

一週間頑張ればまた、復活することができるので、ストレスが少ない

一週間単位で考えればいいので、とにかく気持ちが楽です。

多少赤字でも、何日か耐えればまた復活するので、挫折感なく節約できるのがいいところ。
もし、余らせることができたら、時には自分へのプチご褒美もありです。
そうすることで、翌週のモチベーションも上がりますので。

買い物回数を減らす

買い物回数を減らすことで、なくてもいいものを買う機会が減ります。

「これも必要かも?」という‘なんとなく”なついで買いを防げ、出費を減らす効果は大です。
注意してほしいのが、まとめ買いした在庫を見て、「たくさんあるから」といった気持ちになって消費するペースが速くなっては意味がないので、気をつけましょう。

ママは○曜日にしか買い物に行かないからね!と家族に宣言しておくのも効果あり

よく行くスーパーで○曜日は特売の日ってありますよね。この日は、特売だから、この日しか買い物に行かない宣言をしていると、お菓子が好きな子どもも、お菓子が○曜日しか補充されないとわかると、計画的に食べるようになること間違いなし。
実際に、この特売日だけしか買い物をせず過ごしてみたら意外と冷凍していたものや作り置きしていたもので乗り気れることもあります。

買い物回数を減らすことで、捨てる食材が少なくなった

少しくらい食材が足りなくても、他の物で代用することで在庫を使い切れるようになります。
クックパッドや、その他料理サイトでは、食材名で検索できるので、今ある食材で作れるレシピも多数あります。
少し残ったひき肉と残り野菜をみじん切りし、市販のルーで作るキーマーカレーは栄養も摂れるし、子どもにも大人気!

冷蔵庫も片付いて、料理のレパートリーも広がり、デキル主婦になった気分になる!?

また、物を大切にする感覚も育つので、節約効果がすぐに表れるだけでなく、食費以外にも応用がきくようになります。

買い物は一人でいく!

 

大人買いしやすい夫を留守番させると無駄遣いなし

男性は、普段スーパーなどに行かず、コンビニで済ませてしまう人が多いですよね。
そういう夫と一緒にスーパーに行くと、普段行くコンビニより安いのでテンションがUP。
「スーパーは安い!」と、お菓子やおつまみをどんどんカゴの中に入れてしまうことありませんか?
休日の買い物は「子どもを見てもらえると、とっても助かる~」と言って、お留守番してもらいましょう。

子どもがいないとお菓子や自分用の飲み物を買わなくていい

子連れで買い物に行くと、おねだりばかりされ、挙句の果てには「お腹すいた~」とプチ外食させられることってありませんか?
そんな時はうっかり自分も飲み物を注文・・・。
一人なら水筒を持参すれば十分です。
プチ外食を減らすだけでも食費が驚くほどダウンしますよ。

1人なら寄り道も誘惑もなし 買い物に集中できる

買い物途中で子どもがいなくなると、探しながら店内をウロウロ。
その途中であれこれ見てしまい、「あら?これ安ーい☆」「そういえば、これ欲しいと思ってたんだよね」と、予定外の物までカゴに入れてしまった経験はありませんか?
一人ならそんな誘惑に引っかからず、必要なものを買ったらまっすぐにレジに進めます。

おススメは、あらかじめ必要なものをメモして、‘早足”でお店の中を1周しかしないこと!

買うものを決めておく!

 

無計画な部分をなくすことでお金の流れをしっかりと管理でき、使い過ぎの不安もなくなりますよね。
メモを書いている時点で、献立や在庫を考えているはずなので、食材も効率よく回せそうです。
ただ、注意点として、メモに縛られて「高くても仕方ない」買い物をしないようにしましょう。

在庫メモと併用することで、献立も楽に!

買い物リストと一緒に冷蔵庫の在庫メモを書き、ダブり買いを防止できます。買い物は4~5日分で考えるので、食材を使い回せる献立にしやすいのもメリット。
在庫も頭に入るので、外出先でうっかり無駄買い・・・なんて失敗もなくなります。

広告を見ない!

チラシで底値の物が売り出していると、在庫があっても「買わなきゃ!」という気持ちになってしまいます。
結局、出費がかさんでしまいます。
本当にいま必要なものだけをリストアップして買うことが無駄遣いを防止します。

最後に…よ~く下調べして買い物しましょう

生鮮食品などは、鮮度もあるため、近所のスーパーで買い物した方がベターですが、ストックしておける食材、日用品、家電や洋服はネットでもとことん探して、最安値になっているものやお得なサービスやポイントがつくものをリサーチすることも節約のコツです!