プライドが高い性格を直したい人、待って!プライドが高いのは悪いことばかりではないのです。

プライドが高い性格を直したい。けれど、プライドが高いからって悪いわけじゃないよ

ijmaki / Pixabay

いきなりですが、あなたはプライドが高いですか?低いですか?

‘プライドが高い”と聞くと、一見よくないことのような印象を受けますよね?

でも、プライドが全くないよ~、ていうのも、それはそれでちょっと問題があるんです。

自分を苦しめてしまう持つべきじゃないプライドと、持つべきプライドについて考えていきましょう。

持つべきじゃない‘なくていいプライド”

なくていいプライドとは、他人と自分を比べて、「私はあの人より優れているわ」と誇るプライドと私は定義させていただきますっ!!

ダメなプライド君
私はあの人よりきれい。

私はあの人よりいいモノを身に着けている。

私はあの人より成績がいい。

人って、どうしても人と比べてしまいますよね。

でも、その部分に対してプライドを持ってしまうと、誰かより自分の方が優れていれば、その優越感で知らず知らのうちにその人を見下し、誰かより自分の方が劣っていれば、その劣等感で嫉妬をしてしまうのです。

心当たりありませんか?

そんな優越感と劣等感の間を行ったり来たりって疲れます。

だって自信過剰と自信喪失を繰り返してしまい、なかなかメンタルが安定しませんよね。

かわいいママ友に嫉妬してしまう話にもありますが、自分より若くてかわいいママ友に嫉妬して、心が揺さぶられている自分が嫌いです。はたから見れば本当に大したことではないんですけどね。ついつい比べて落ち込んでしまう自分がいます。

優越感と劣等感でメンタルを壊したくない!

pixel2013 / Pixabay

いつもそんな風だと、常に相対的な目で自分を見るようになってしまうんです。自分の隣にいつも比べるべき何かがある。

そんなことだと、気持ちに余裕がなくなりますよね。

自分を好きになろうとしても、‘条件つき”で自分を好きにならざるを得なくなるんです。

どういうことかと言うと、

誰かより自分の方が優れていないと、自分のことを好きになれなくなっちゃうのです。

「私はあの人よりキレイだから、自分が好き」

「あの人よりお金持ちだから自分が好き。自分ってすごい」みたいな思考になってしまうのです。

文字に起こすと、なんと性格の悪い人なんだろう…と怖くなってしまいますが、私も含めて、無意識に考えているんですよね~ーー;

持つべきプライドはこれ!

いつも誰かと比べて相対的に自分のことを見るんじゃなくって、絶対的に自分のことを見ることが大切。

絶対的なプライドを持つこと!

持つべきプライド君

自分よりキレイでかわいい人はたくさんいる。

自分より成績にいい人もたくさんいる。

自分よりお金持ちの人もたくさんいる。

自分に持ってないものを持っている人ってたくさんいるけど、

自分は自分しかいない。

これって、とても絶対的で無条件なプライドだと思いませんか?

誰かより優れていると感じるプライドは何度もいいますが、とても不安定で危ういものです。

ブレまくってしまうんです^^;

でも、自分自身の存在そのものを誇ることって、さっきも言いましたが(大切なので何度でも言いますっ(*´⌒`*))

絶対的で無条件のもの!

これが持つべきプライドなんですね。

Alexas_Fotos / Pixabay

しかも、そんなプライドは自分と他人は違う人間なんだ、と認めることでもあります。

ここ、大事です!

つまり、他人と自分は違うんだと認められることによって、

たとえ自分が誰かより優れていたとしても‘謙虚”になることができます。

そして、自分が誰かより劣っていたとしても、素直な気持ちで「すごいね」とほめてあげることだってできます。

自分自身に誇りと自信を持って、揺るがない自分がいれば、

自信喪失して落ち込むこともなく、自信過剰になって人から反感を買うこともなくなります。

常に安定したメンタルで過ごせることができるので、気持ちに余裕ができますよね。

気持ちに余裕ができたら、その分、素直にいろいろなことが吸収できるようになりそうな気がしませんか?

いろんなことが吸収できると、その分自分を向上させることにつながりますからね。ますます自分という存在が大きくなっていく。

最後に一言二言

この記事を書きながら、今までどうでもいいことに嫉妬して悶々と過ごしていた時間が無駄だった~!!

と一人で叫んでしまいました。

私はコンプレックスの塊で、子どもの頃から人と比べながら生きてきました。

その分、悩んできる時間が人生の大半を占めていたのです。

あ~、なんてもったいないことしたんだ!

でも、比べられて落ち込む気持ちを十分味わっているので、成績が良くなくて落ち込んでいる生徒の気持ちがよくわかります。

私の子どもたちのこともそうです。姉妹なのですが、長女の方が目鼻立ちがはっきりしていて華やかな顔。

次女は和風顔。

親としてはもちろんどちらもかわいいのですが、近所の人は「お姉ちゃんはお人形さんみたいねえ~」と長女ばかりほめます。

次女はまだ小さいのでわかっていませんが、成長するにつれ、「比べられている」感を味わっていくんだろうなあ・・・と思うと、胸が痛いです。

でも、これは親の私次第かな。

今のあなたのままでいいんだよ。と自分自身の存在そのものを大切にできる子に育てればいいんだ。

自分自身の存在を誇れるのって、もう無敵のプライドでしょ。

他人と比べるプライドなんか捨てて、この無敵のプライド一つもっているだけで人生十分なんです。

自分って素敵!大事!(^∀^)