可愛いママが苦手で嫌いな人はどうしてる?公園で可愛くておしゃれなママしか居なかったら?

可愛いいママが苦手で嫌いなアラフォー。公園に行ったら可愛くてオシャレなママしか居なかった時の話

もうタイトル通り、そのまんまなんですが…(汗)

先日は気候も良かったので公園に行きました。

公園ではあいにく(?)、アラフォーの私よりもずいぶん若くて、可愛くて、おしゃれなママさんが3人いるではありませんか!

しかも、一番楽しいであろうブランコと滑り台の周りに!

私一人だけなら、その光景を見てすぐさま引き返すのですが、

子ども2人は大はしゃぎですでに走り出しています。ブランコと滑り台に向かって。

「待って!帰ろう!」なんて言うのも変なので、渋々、私も駆け寄りました。

管理人
あ、最初にお伝えしておきますが、

私は現在アラフォー。子どもの頃から顔にコンプレックスがあり。

若くてかわいいママが苦手で、正直言って、嫌いです^^;

というのが、以前、笑顔で話しかけた時に、一度あからさまに避けられたことがあり、それ以来 苦手です。

子どもの頃から、美人でカワイイ人に引け目を感じながら生きてきて、ママになってもその傾向は続いています。

もう人の親になったのだし、こんな自分を改善したい!と思いながら、もがいています。

また、教師をしていたにも関わらず、教師らしからぬ発言をしてしまう素のまんまをさらけ出して記事を書いています。

このサイトを書き始めた頃は「子育て」について人に役立つ立派な記事を書こうと思って、意気込んでいましたが、徐々に方向性がずれてくように…^^;

というのが、素の自分の気持ちを書くことにとても共感してくれる方たちができたからです。

色々悩み苦しみながらも、自分を成長させていける記事にしたいと思います。

前置きが長くなりました^^;

その3人組のママの子どもたちは、滑り台やブランコで遊んでいました。

わが子どもたちも、滑り台やブランコをしたくて、グイグイ輪の中を入って行きます。

「お友達が遊んでいるから、他で遊ぶ?」と声を掛けても、後は鉄棒くらいしかない狭い公園(汗)

案の定、

次女 小梅
滑り台した~い!

ブランコした~い!

かーわーって!

特に下の子は、まだ2歳なので動きがゆっくりです。

私が側について手を引くのですが、そこはイヤイヤ期。

手を払うのです!(#-“-) バシッ!!

並んでいても他の子どもに抜かされるので、泣いてケンカになりました。

次女 小梅
わーん、わーん。小梅も滑り台したい!

可愛いママさんたちが、自分たちの子どもに

「○○はたくさん滑ったから、かわってあげて」

「その子は小さいんだから、お兄ちゃんの○○がかわってあげないと、いかんよ」

と、優しく言ってくれるではないですかっ!

ここまでしてくれるママさんは非常に多いというか、ほとんどの良識あるママさんは配慮してくれます。

今までのパターンだと、こうなった時点で、ママさんたちが場所を移動されて、サヨウナラになるか

もしくは私たちが場所を移動してサヨウナラになるだけだったのです。

が、今回はその場にずっといることになったのです!(まあ、公園が狭いってこともあったのですが)

可愛いママにあいさつ程度でしか話をしなかった私が、最後はラインの交換まで!

 

滑り台を始めたばかりだし、他のところに移るのは、おかしいのでそのまま滑っていました。

そのママさんたちも気にせず、側にいて話しています。

そうすると、うちの子が、ママさんたちのところにヒョコヒョコ近づくではないですか~!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

「ちょっと、近づかないで!ほら、滑り台かブランコを黙々としなさいよ…」と心の中で思っていました。

かわいいですね~。何歳ですか?
管理人
あ、2歳です(照)
上の女の子はお姉ちゃんですよね?いいなあ、姉妹って
名前
そうよね、うちは男の子ばっかりだから、服を選ぶのも楽しくない。

女の子二人だったら、将来もお母さんの側に居てくれるし、お互い協力し合えるし、いいですよね~

管理人
そうなんです~。私は弟がいるだけだったので、姉妹がいればいいな~、と思っていて…

と、何だかんだで話が弾み、和の中に溶け込めた感じがしました!(そう思ってるだけ?!)

途中、話の流れで私が‘元教師で現在は塾講師と幼児教室の講師‘をしていることがわかると、その話に興味津々。

帰り際には「ライン交換しましょう!」とまで言ってもらえました。

‘私なんかが話しかけても会話なんか弾まないだろう”という思いがなくなった

今回は、私が元教師ということがわかったので、話が弾んだのだと思います。

教育に関しては母親なら興味がありますしね。

それがわかっていても、ラインのアドレスを聞いてもらえたのがうれしかった。

なんだか、‘この男性はお金持ち”だとわかると急に女の子が自分の連絡先を聞いてくるような感覚?ちょっと例えが悪かったかもしれませんが(´_`)

今までの自分は、「私なんかが話かけても会話が弾まないだろう」と思っていたため、それが見た目にも表れて、

関わりずらいオーラを出していたのかもしれません。

でも、‘元教師・塾講師”という仕事の話を聞かれると、仕事モードになるんです。

不思議なんですけど、仕事の時は、誰とでも基本的に話せます。

私の中で仕事って、「お給料をいただいている = 演じてでも頑張らないといけない」という考えが染みついているんですね。

演じているというと、無理やりしている感じですが、私の場合は苦痛ではありません。

むしろ、強い自分でいられる感じ。

でも、プライベートでは、素の自分に戻って、コンプレックスの塊になっているんですね。

何でしょうか?正義の味方が、普段はどんくさいみたいな感覚でしょうか。

何か1つでもママたちと合うものがあれば話も弾む

ママさん同士って、本当は共通点がいっぱい。

だって子育ての悩みや、教育について考えることはほとんど同じだと思うんです。

いくらキレイで可愛くておしゃれなママでも、やっぱりママです。子どもの親です。

いくらでも子育ての悩みはあります。

自分の強みを見せるとさらにママたちに溶け込みやすい

ただ、愚痴や悩みを言い合うママ同士でもいいのですが(そういう場も必要ですよね、女子は)、

新しいママの中に入っていく新参者(?)のためには、何か1つ自分の強みを持っておくといいと思います。

これ、今回の出来事で強く感じました。

こんなにもかわいいママたちに卑屈になっていた私が、

「教育関係者」というだけでママの中に入れて、ライン交換までしているのですから。

自分にとってはすっごい進歩です。

あ、もちろん、強みなんて書いていますが、強みって、何もわかりすい肩書とかじゃなくていいんです。

  • 見るからに優しくて温かそうな人柄の人
  • 明るくて気さくな人
  • いつも笑顔な人

で、もちろんOK。こんなママなら、素敵ですよね。お友達になりたいと思いますよね*^^*

  • とにかくキレイな人
  • 可愛い人
  • おしゃれな人
  • お金持ちそうな人

でもいいのですが、私みたいな「アンチ」が生まれやすいので^^;。

ママ友作りって誰もが不安や緊張からのスタート

どんな可愛いママさんでも、中学生・高校生じゃあるまいし、‘可愛くてオシャレな人とだけしか付き合いたくない”なんて考えていないと思いました。

ママ友作りはどんなタイプに関わらず、ほとんどの人が程度の差こそあれ、不安や緊張があってのスタートじゃないのかなあ。

そう思ったら、ちょっと気が楽になりませんか?

今回話してみて、みんな悩んでいることは共通してるんだな~。

どんなに可愛いママだって、人間らしい悩みに悩んでいて、一緒なんだな~と。

上辺だけじゃなく、人間らしい付き合いがしたいな。

これからはできそう!と思った一日でした^^

TVや雑誌で話題!チャコールバターコーヒー