頭のいい子の親が憎い?医者の主人の母から学ぶ子どもを伸ばす方法

頭のいい子の親が憎くて嫌いなママへ

相談者

聞いてください!頭のいい子の親が嫌いなんです!

いちいち成績を自慢してくるし、たいていその親もいい大学を出ているので、出身大学自慢をしてきます。

うちの子はスポーツが得意で表彰されることもあるのですが、その頭のいい子の親は

「いくらスポーツができてもねえ~」とあからさまに、‘勉強ができる方が偉い!”という態度なんで、

顔を合わせるのがイヤです

こんなメッセージをいただきました。

いますいます、そんな親。

教師時代にもいました。

受験科目以外の科目を疎かにする親がいました。(割と多いです)

‘家庭科”の授業をろくに受けない子どもがいたので、三者面談の時に、そのことを伝えると、

家庭科なんて、正直なところ、できなくていいです。

それより受験科目の勉強をさせたいので、家庭科の日はお休みさせていいですか?

修学旅行や運動会などの学校行事のときの話。

修学旅行や運動会、学芸会はお休みしてもいいですか?勉強するために休むのでいいですよね?

こんなことを平気でいう親もいます。

学校の勉強だけできたらいい、なんて思ってると子どもに悪影響がある

ionasnicolae / Pixabay

以前、長崎の佐世保で起きた女児殺傷事件(両親が高学歴で、女児にも成績のことでがみがみ言っていた…という情報あり)や、歯科医師の息子が妹を殺した事件(これも勉強のことで強く言われていたということです)などなど、

これまで勉強勉強と言われ続けてきた子が起こした事件ってわりと多いです。

もちろん、そんな子どもばかりではありません。

ただ、教師をしていても感じていたことですが、

  • 勉強のことで親からガミガミうるさく言われている子どもは、かっとなりやすく暴力的
  • 勉強至上主義のため、勉強ができない子には冷たい
  • 優しい心を持ち合わせられない
  • 少しでも成績が落ちると、死にたくなるような気持ちになる
  • いつも不安がつきまとう

私が感じたままの言葉で書けば、こんな風な子どもになりやすい…と思います。

そこで参考になれば幸いなのですが、医者である主人を育てた義理の母の話をさせてください。

医者の主人の母親は高卒でとぼけやさん。口うるさくガミガミ言ったことがない

waldryano / Pixabay

主人の両親は共に高卒です。

よくあるのが、親が医者をしていたから子どももその道に進む・・というパターンが多いのですが、主人の場合は違います。

なぜ医者になろうと思ったのか?

医者とは無縁の家庭に育った主人は、飛びぬけて成績が良かったというわけでもありません。

中学生の頃、‘将来何になりたいか?”ということを思ったときに、

主人は引っ込み思案な性格で、

営業職のように‘人と会う仕事”は絶対にできないだろうと、子どもながらに考えていたそうです。

そこで主人の父親が

主人の父親

そうだ、○○(主人)、医者になれ!

医者になったらもうかるぞ~。しかも、医者なら腕があれば、引っ込み思案でもできる!(そんなことはないのですが^^;医者もコミュニケーション能力が必要ですけどね…)

なんと、これが`主人が医者になった理由”です(汗)

あ、主人の名誉のために申し上げておきますが、もちろん「困っている人を助けたい」という思いはあります。

ただ、きっかけが父親のこの一言だったとは…私も驚きです。

母親の影響は大きい

主人が記憶している限り、母親にガミガミ言われた記憶がないそうです。

  • 天然ボケというか、あまり世の中のことをよく知らない
  • いつもとぼけている感じなので、子どもの方がしっかりしないと、と思わせるところがある
  • 人のことを決して悪く言わない
  • 子どもに対して、口うるさく止めたりしない
  • 事後報告でも、「あら~、そうだったの」の一言で終わり
  • どんな話をしても関心してくれる。「うんうん、あら、そうなのね」

決して、子どもに無関心というわけではなのです。

子どものことを信じていて疑わない。

いらぬ詮索をしないし、口うるさく説教しない。

 

主人

母親が、何も言わず、毎日ニコニコして、自分のことを放っておいてくれたのが、逆に愛されているという安心感につながったのかもしれない。そんな親に対して、親を困らせることなんて考えないでしょ。

母がいつもとぼけていた感じだったので、逆に自分がしっかりしなきゃ、と思っていた。

そんな主人は、私がいうのもなんですが、心の優しい人です。

勉強より大切なものって、心の温かさなんだ…といつも思わされます。

最後に~どんな勉強方法をさせるかよりも大事なこと

Comfreak / Pixabay

今回は頭のよくなる具体的な勉強法ではありませんでした。

具体的な方法は後日アップさせていただきますが、今日お伝えしたかったことは、

頭のいいことだけが、すべてではないということ。

その根底に、‘人に対する優しさ、温かさがない”と、いくら勉強ができても人としてどうか、ということをお伝えしたかったのです。

「勉強のできる親が憎い」とのコメントの中の、‘憎まれるような言動を取る親”は、この基本的な人として備えておかなければならないことが、欠けているのでは??

と思ってしまいました。

参考になればうれしいです。